銀行キャッシングのスピード審査

銀行カードローンは銀行でお金を借りるという安心感や金利も低いことからキャッシングに人気のある商品で、その日のうちにお金が必要になったとき、事前に契約をしていればいつでも口座へ振り込んでもらえすが、初めてキャッシングを利用するときは、即日融資が可能な銀行カードローンを調べて契約をする必要があります。

 

以前の銀行カードローンの審査時間は、銀行が独自の審査をおこなっていたので即日融資の申込は難しいと言われていましたが、最近は消費者金融と提携し、消費者金融が保証会社となり、保証会社の保証が受けられないと審査に通りません。

 

このことから銀行カードローンは単なる窓口だけになっており、審査は保証会社である消費者金融がおこなうようになり、消費者金融がこれまで築き上げたシステムやノウハウを使って審査をおこなうので実質的には消費者金融と同じようなスピード審査が可能になっています。

 

総量規制対象外のローンを受けるためには銀行によって違いがあり、インターネットバンクのように事前に口座を作っておく必要があるところや、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」や新生銀行のカードローン「レイク」のように指定の口座がなくても即日融資が受けられるところもあります。

 

銀行の審査で「即日審査が可能」と書かれているカードローンもあり、審査は申し込んだその日におこなわれますが、あとの手続きが書類の郵送になったりするところもあるので、即日審査が可能なのかを調べる必要があります。

最速キャッシング

キャッシングは消費者金融や銀行カードローン、クレジットのャッシングがあります。
最近のキャッシングで即日融資はなくてはならないサービスで、消費者金融や銀行カードローンでもその日に申込みをしてその日にお金が借りられる最速キャッシングが可能になっています。

 

即日融資は大手消費者金融ではどこでも即日融資が申込めすぐにお金が借りられます。

 

銀行カードローンも以前は審査が厳しく審査に時間がかかるということで即日融資は難しいと言われていましたが、最近はスピード審査が可能になり、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」はカードローンの即日融資の先駆けともいわれ、インターネットから申込をすれば審査が30分で終わることや、テレビ窓口から申込みをすると最短40分でカードを受け取ることができるカードローンもあります。
新生銀行のカードローン「レイク」は消費者金融のシステムやノウハウをそのまま利用しているため、最短30分で審査が終わるといったスピード審査をおこなっています。

 

ネット銀行の即日融資もその銀行の口座を持っていれば即日融資が可能で、契約が終われば24時間いつでも振込をしてもらえるという利便性がありますが、そのためには事前に口座を作っておく必要があり、口座開設に2週間ほどかかるので申し込んだその日にお金を借りるのは難しくなります。

 

また、口座を持っていなくても利用できるところもありますが、口座を作っておく方がより便利に利用できるメリットが有ります。